ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

ここまで的確に言ってくださる人にお会いしたのは初めてです

「ズバズバ言ってくださって感謝です。ここまで的確に言ってくださる方にお会いしたのは初めてです。」

とお客様から感想のメールをいただきました。

 

女性が女性にズバズバとモノを言うことはあまりないですが、私は言います。そして、それを受け入れてくれる人は、必ず売れると私は信じています。

 

私はお客様にかなりキツいことも言いますが、言わないといつまで経っても売れるようにはならないからです。

せっかく私にお金を払って私を信じてくれた人に対して、曖昧なことを言うのは失礼にあたります。

 

実は私も悩んでいた時期があります。その時にズバズバと言ってくれるコンサルの人に出会えたお陰で、今までのやり方を全部捨てて方向を切り替えることができました。

 

そして、今のところ良い方向に進んでいるように感じています。まだ全然結果は出ていませんが、お客様と真剣に向き合えるようになりました。そして、お客様には喜んでいただけています。

 

悩んでいる時に「今のままで大丈夫」と言われるよりも「ここが悪いから直さないと先がない」と言ってもらえるほうがスッキリします。

 

私のところに相談に来られるお客様は真剣に悩んでいる人ばかりです。誰も教えてくれない、質問しても曖昧なことしか答えてくれない、そのことに悩んでいます。

そのため、私が曖昧なことを言っていると、いつまでも負のループから抜け出せません。そうならないために現状をお聞きしてダメなところは指摘して、良くなるようにアドバイスをします。

 

そうするととっても暗い顔で悩んでいたお客様は「スッキリしました!」「やるべきことがわかりました!」と言って、笑顔で帰っていかれます。

そんな時はこの仕事やっていて良かったと思います。

 

誰も教えてくれない、曖昧な答えしか返ってこなくて悩んでいる人はいつでもご相談ください。ズバッと言いますが、最後はきっとスッキリしますよ。

blog.akira-workshop.com