ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

人は変わるキッカケを求めている

私に相談するお客様は、方向性を見失って悩んでいる人がほとんど。今まで信じてきた方法があるけど、それが信じられなくなって心が折れて相談に来る人が多い。

実際、私も完全に心が折れた時に、個別コンサルを受けて方向を軌道修正できたから、相談に来るお客様の気持ちがよくわかる。

 

起業した当初は、集客のための特別なやり方とか魔法のような方法があると信じていたんだけど、実際は「そんなもの本当にあるのか?」と思うことばかりで、凹んでしまうのだ。起業あるあるだよね。

 

自分では、今のやり方は間違っていると勘付いているんだけど、誰かに「それは違いますよ」とか「それはダメですよ」とか、ダメ押しして欲しい人が多い。

私はハッキリと言っちゃうほうなので、「それじゃあダメですよ」と言うと「やっぱりそうだと思ってました!」とお客様はスッキリした顔になる。

 

みんな、ちょっとしたキッカケが欲しいのだ。魔法のような方法はあると思いたいけど、実際はないから、ないならないで現実と向き合うキッカケが欲しいだけ。

 

このキッカケを上手く掴める人と、上手く掴めない人とでは、その後の明暗は完全に分かれるだろう。ほとんどのお客様はキッカケを上手く掴めていると思う。でも中には、今までのやり方を否定したくない人もいる。そういうお客様を見ていると「先々大変だろうな」と感じる。

 

人間素直が一番。ダメならダメを認めて、方向を切り替える。それしか生き残る道はない。いつまでも夢を見てても、現実は程遠いもんね。

 

今、悩んでいてい方向性を見失っている人は、いつでも相談してください。悩みを話すだけでも案外スッキリします。私のところには変わるキッカケを掴んだお客様がたくさん来ていますよ。

blog.akira-workshop.com