ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

男性は文章の上手い下手がハッキリとわかれる

長年、様々な男性とマンツーマンで仕事をしてきたからわかるのですが、男性のほうが女性よりも文章の上手い下手がハッキリとわかれます。

女性はそこまで文章が下手な人はいませんが、男性は致命的に文章が下手な人がたまにいます。何を書いているのか解読不可能なレベルです。

 

では、文章の下手な男性は仕事ができないのかというとそんなことはありません。営業職から役員クラスにのぼりつめた人は文章を書く必要がありません。そのため仕事ができる人も多いのです。ただ単に文章が下手なだけです。

 

文章が下手な男性の書き方にはある特徴があります。心の中に浮かんだ言葉をそのまま何も考えずに文章にしているということです。そのため、文章は口語的になり、変な丁寧語も入り混じります。句読点も打たれず改行もありません。本当に心に浮かんだままを文章にしています。

 

読んでいると改行も句読点もないため、どこから次の話題に移っているのかがわかりません。前後の文が同じことを説明しているのか、はたまた違う説明に変わっているのかもわかりません。そんな人の文章は途中から読むことが苦痛となります。

 

ですが、こういう男性でも少しの指摘で劇的にわかりやすい文章が書けるようになる場合があります。役員クラスになる人は、最初から仕事ができるため、指摘してくれる人がまわりにいません。今まで誰にも指摘されることがなかったので「これでいいんだ」と本人は思っています。指摘してあげる誰かが必要となるのです。

 

文章がわかりにくいと誰かから言われたけれども、どこを直せばいいのかわからない男性はいつでもご相談ください。以下の記事も参考にしてください。

blog.akira-workshop.com

blog.akira-workshop.com

 

メールぐらいわかりやすく書けるようになりたい場合は、いつでも相談してください。きっと上手く書けるようになりますよ。

blog.akira-workshop.com