男性専門でブログの構築方法、記事の書き方、SEO対策、資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログ記事の書き方、SEO対策や資料の作成方法をアドバイスしています。文章の校正、添削、再構築も行っています。外資系企業での人間関係の悩み、男女間の悩み、親の介護の悩み相談にも乗ります。主に個人事業主やフリーランスの男性の相談に乗っています。

MENU

エステサロンですがホームページからお客様がまったく来ません

ネイルサロンを経営されているお客様から「エステの機械を導入してフェイシャルエステを始めたのですが、ホームページからエステのお客様がまったく来ません。」とご相談を受けました。

 

何に効く機械なのかを尋ねると「シミ・シワ・たるみに効いて、何度か施術を受けるとシミはほとんど消えてなくなる」とのことでした。

シミ・シワ・たるみで悩んでいる40代以上は唸るほどいます。それをわかりやすい言葉で書くだけでホームページからも集客できるようになります。

 

ホームページを見てみると、エステのページには導入した機械のカタログの説明をそのまま載せていました。私が読んでもその機械がどういうもので、それを試すとどうなるのかが専門用語が多すぎてさっぱりわかりませんでした。

これでは絶対にホームページから集客できません。

  • その機械にかなりのお金をかけている
  • 最新の機械である

その場合、機械がどれだけスゴイのかをお客様に知って欲しくなります。

 

ですが、お客様はそんなこと知りたくありません。機械がどれだけ素晴らしくても自分の悩みを解決してくれないなら意味がないからです。

 

エステの最新機械を推したい店側と悩みを解決したいお客側。

この時点でかなりズレています。そのズレを調整すればお客様に伝わるようになります。

 

お客様の悩みがその機械を使うことでどんな良い状態になるのか。

それをわかりやすい言葉で説明すれば、興味を持った人がお問い合わせしてくれる確率はあがります。

 

1人では客観的な視点をなかなか持てないため、お客様の悩みが見えなくなっているのです。お客様の悩みがわからない場合は、いつでも相談してください。

blog.akira-workshop.com